如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

『善の根拠』 仏教の本質に迫る

『善の根拠』 南直哉 講談社現代新書 善の根拠 (講談社現代新書) 作者:南直哉 講談社 Amazon 2冊ほど読んだ南師の本が面白かったので読んでみた。 善悪というのが一体どういう構造で起こるのかというのを実験的に解説されているけれど、すごい。 冒頭の序とⅠ…

『如来のまなざしの中を』 どうして生きなければいけないのか悩んだ少年

『如来のまなざしの中を』 志慶眞文雄 自照社出版社 ※すでに古書のみ 如来のまなざしの中を 作者:志慶眞 文雄 自照社出版 Amazon

『ソフィーの世界』 読み返してみたら時代を感じる

『新装版 ソフィーの世界 ―哲学者からの不思議な手紙』(上)(下) ヨースタイン・ゴルデル、池田香代子 NHK出版 新装版 ソフィーの世界 上 ―哲学者からの不思議な手紙 作者:ヨースタイン・ ゴルデル NHK出版 Amazon 新装版 ソフィーの世界 下 ―哲学者から…

『教誨師』 死を目前にした人に語ること

『教誨師』堀川惠子 講談社文庫 教誨師 (講談社文庫) 作者:堀川 惠子 講談社 Amazon

『生命の大地に根を下ろしー親鸞の声を聞いた人たち』 

amzn.to もう絶版の本。友だちからいただいた。 大分前に一回読んだのだけれど、当時の自分にはちょっと難しいというかわからなかった。わかろうとして読むと非常に難解な世界だった。 先日YouTubeの浄土真宗LIVEで百々海真師が紹介していたので改めて読んで…

『カルト宗教信じてました』 生々しい実体験

『カルト宗教信じてました。』 たもさん カルト宗教信じてました。 作者:たもさん 彩図社 Amazon

『近代教学と現代宗学の接点ー真宗大谷派の教学を考える』 土井紀明

響流書房の新刊。 近代教学と伝統宗学の接点: 真宗大谷派の教学を考える (響流選書) 作者:土井 紀明 響流書房 Amazon

『み仏の影さまざまに』 西元宗助

『み仏の影 さまざまに』 西元宗助 樹心社 み仏の影さまざまに 作者:西元 宗助 樹心社 Amazon

『求道物語 仏敵』 信心獲得とは

仏敵―求道物語 作者:康善, 伊藤 春秋社 Amazon

『はじめての哲学的思考』 宗教と哲学の境界線にざわざわする

『はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)』 苫野一徳 はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書) 作者:苫野一徳 筑摩書房 Amazon

『大乗仏教の誕生 「さとり」と「廻向」』 宗教が深まる歴史

大乗仏教の誕生 「さとり」と「廻向」 (講談社学術文庫) 梶山雄一 大乗仏教の誕生 「さとり」と「廻向」 (講談社学術文庫) 作者:梶山 雄一 講談社 Amazon

『青年と死』 芥川龍之介の死生観か

『青年と死』 芥川龍之介 青年と死 作者:芥川 竜之介 Amazon 龍樹に関係する物語が芥川龍之介によって書かれている友人に教えてもらったので青空文庫で読んだ。 なんとなく自分の知っている龍樹伝のイメージと違っていたのだが、調べてみると、『今昔物語集…

『インド仏教思想史』 「思想」の解説がすごい

インド仏教思想史 (講談社学術文庫) 作者:三枝 充悳 講談社 Amazon 『インド仏教思想史』 三枝充悳 講談社学術文庫 三枝先生が中村元先生と書かれた『バウッダ』が流れとすれば、この本は思想の一つ一つに触れて解説してある。 初期仏教、部派仏教、大乗仏教…

『読書について』 ショーペンハウアー先生の切れ味の鋭さ

Kindle Unlimitedをちゃんと980円/月以上読まないといけないという脅迫観念により適当に読み始めた。 めちゃくちゃ面白い。哲学の本がこんなに「面白い」と思ったのは初めてだ。マスクしていてよかった。ニヤニヤしながら読んだ。 『読書について』 ショーペ…

西田幾多郎の「絶対無」

『西田幾多郎の哲学=絶対無の場所とは何か 』 中村昇 講談社選書メチエ 西田幾多郎の哲学=絶対無の場所とは何か (講談社選書メチエ) 作者:中村 昇 講談社 Amazon

即興(カード)法話をみた

かなしくなった話をする。 先週、SNSを見ていたら思わずしてYouTubeライブのリンクをクリック。法話をしていた。「え????」という内容だった。法話の内容に文句を言ってはいけないのはわかっているが、それにしても「え????」というものだった。あく…

『親鸞から蓮如へ』

『親鸞から蓮如へ 真宗創造ー『御文』の発遣』 池田勇諦師 東本願寺出版 親鸞から蓮如へ 真宗創造―『御文』の発遣― (真宗文庫) 作者:池田勇諦 発売日: 2018/07/06 メディア: Kindle版

『親鸞に学ぶ信心と救い』ー横超の救いー

『親鸞に学ぶ信心と救い』本多弘之 法藏館 親鸞に学ぶ信心と救い 作者:本多 弘之 発売日: 2011/04/10 メディア: 単行本

『闡提』 漫画ならではの訴求力

『闡提ー加藤泰憲作品集2』加藤泰憲 響流書房 闡提―SENDAI: 加藤泰憲作品集2 (響流選書) 作者:加藤 泰憲 発売日: 2021/05/13 メディア: Kindle版

『100分de名著』について再考

NHK「100分de名著」ブックス 石牟礼道子 苦海浄土―悲しみのなかの真実 (NHK「100分 de 名著」ブックス) 作者:若松 英輔 発売日: 2019/01/25 メディア: 単行本(ソフトカバー)

七高僧について初めて学ぶならこれ!

『はじめて学ぶ七高僧』 黒田覚忍 本願寺出版社 はじめて学ぶ七高僧 (-親鸞聖人と七高僧の教え-) 作者:黒田 覚忍 発売日: 2004/03/16 メディア: 単行本 まったく七高僧についてどうやって勉強したら良いかわからないといったら友達が推薦してくれた一冊。 読…

自分の胸は他人はどうこうできない 桐渓順忍和上

youtu.be 浄土真宗の法話配信から 1984年 桐溪順忍和上(2) 本派の二種深信。 自分は最近の信心に関する法話がしんどいのだが(なぜなら話している人が最後は自分が十八願にいることを表明してる感じになるから)、桐渓和上のこのお話は、2席あるけどすご…

凡情を遮せず 凡情に応ぜず

2021年5月5日(水) 真宗ねこねこ法話会 『歎異抄』を読む 第十六条 瓜生崇師 youtu.beに

『仏教における女性差別を考える―親鸞とジェンダー』 差別を自分事として考えさせられる。

大分前に別のところに書いていたのだが、これは遺しておきたいと思ったので移しておく。 『仏教における女性差別を考える―親鸞とジェンダー』 源淳子 あけび書房 仏教における女性差別を考える―親鸞とジェンダー 作者:源淳子 発売日: 2020/03/04 メディア: …

『晩年の親鸞』ー自らが読んでいくことー

『晩年の親鸞』 細川巌 法藏館 晩年の親鸞 作者:細川 巌 発売日: 2019/10/20 メディア: 単行本 善鸞(親鸞聖人の第三子)義絶後に夢告により『正像末和讃』を書かれていったのではないかという思いを『教行信証』から『浄土和讃』、『高僧和讃』、『正像末和…

最近「聞くこと」について思うこと

お聴聞に行く回数が減った。 というか、新たに聞きに行くことが減った。 物理的なことにもなるが、仕事が非常に忙しく、体調も思わしくないがために自由になる土日は体力回復しないともたない。 「時間がないからいけない」 のかといわれると、なんとかして…

この世界で起きているコトは、人間が起こしている。

ナチス関連で、 『ヒトラー ~最期の12日間~』 オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督 2005年 を見る。 ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video

ヒトラーのコメディ・・・に打ちのめされる

今日は趣を変えて、映画の感想を。 『普通の人々』を読んでから、ぼつぼつナチス系の映画を見ることがある。 luhana-enigma.hatenablog.com

仏国土とわたしと宇宙

科学の本だけど、そこから考えたこと。 『不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか?』 (ブルーバックス) Kindle版 須藤 靖 不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか? (ブルーバックス) 作者:須藤 靖 発売日: 2019/01/17 メディア: 新書 お経の中には宇宙を思わせ…

一度聞いた南無阿弥陀仏は…

光慶寺仏教講座 正信念仏偈(16)「貪愛瞋憎之雲霧」瓜生崇師 youtu.be