如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

自分の心を日記に吐露できる才能

 

二十歳の原点 (新潮文庫)

二十歳の原点 (新潮文庫)

 

 

  おそらく彼女の年の頃に一度読んでいる。今時を経て読んでみると、彼女の死は学生運動云々じゃなくて、失恋が原因だったのだろうなと腹落ちした。誰にでも起こりうることかもしれない。

 


 それでも彼女の素晴らしいところは、自らの心情を、極力装飾なく、素直に日記に書きだしているところである。現代ではTwitterやFACEBOOKなど個人が情報発信するところはいくらでもある。そのなかで、どれだけの人が虚飾なく自らを表現できているだろうか。自分だったら、日記であっても、『本当のところ』を書くことは出来ない。それは才能であると思う。
 独りであること、未熟であること。人間は、二十歳でなくても生きている限りそうなのだと思う。