如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

仏語のないお話から感じること

 この手の本は正直苦手だ。仏教書カテゴリーだけど苦手だ。

読んでも感想をブログにあげるのはやめておこうかなと思っていた。

ひとりひとりはうちゅうにひとつ: 二葉保育園園長だより (響流ブックレット)

ひとりひとりはうちゅうにひとつ: 二葉保育園園長だより (響流ブックレット)

 

 

 仏教用語とかお聖教の言葉が入った法話や本が続いていたので、そのように思ってしまったが、読み始めたら、ああ、これも仏教書だなと感じた。

保育園の園長という立場を通しての子供たちとの日常について書かれている。それは園長という上からのものではなくて、保護者の半歩先を行っているというスタンス。そういうスタンスから著者の僧侶としての姿勢を垣間見流事ができる気がした。

 

自分の反省なのだが、最近はいわゆる「仏教的」な要素のあるお話でなくても、聞かせていただけるときがある。この本もそんな感じだ。

法話は覚えておく必要なくて、そのとき聞かせていただいたままでいいのかなと感じている。この本も、特に細部を覚えておくというものではなくて、読んだときに思った感覚がそのときあればそれでいいのだと。

苦しくなるようなお話はひとつもないので、誰でも手に取って安心して読める本。

 

南無阿弥陀仏