如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

お内仏のある生活を読んでみた。

 最近、法話だけでなくて、荘厳や声明にもちょっと興味があるので、まずは入り口としてこの本を読んでみた。

真宗の仏事-お内仏のある生活-

真宗の仏事-お内仏のある生活-

  • 作者: 東本願寺出版部(真宗大谷派宗務所出版部)
  • 出版社/メーカー: 東本願寺出版部(真宗大谷派宗務所出版部)
  • 発売日: 2013/12/04
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 予想以上に自分はいい本だと思った。というのも、「なぜそれがあるのか」「なぜそれをしなくてはならないのか」が簡潔に書かれていて、これから仏事をやる側が腹落ちする内容だからだ。葬儀の後の人が読むといいのでは。多分、小学生からお年寄りまでが読んで、真宗大谷派の仏事の概略はわかると思う。

葬儀、中陰、彼岸会については、世間一般の迷信もおりまぜ、批判することなく真宗の立場を表明していてわかりやすい。

父方の実家は富山にありがちな豪華絢爛の光り輝く大きな仏壇だった。毎日お仏飯をお供えして祖母が勤行していたなあ。母方の実家もそれなりのお仏壇だったけど、御文の箱もあったし、さすがお寺の隣の家だけあって、この本にあるものが完璧にすべて整っていたなと思う。

と、読み終わって、そろそろその懐かしい母方の仏壇と墓の継承をどうしていくか考えないといけないことを思い出した・・・。