如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

疑うから迷う(宮田秀成師)

2019年12月22日(日) 念佛寺報恩講

http://nenbutsuji.info/index.htm

14:00~16:00  宮田秀成師

お寺での宮田先生のお話を聞きたくて行ってみた。

 

冒頭、休み時間にご門徒さんが、「どうして今回の先生呼ばれたんですか?」と土井紀明住職に質問されていた。「ん?電子書籍のタイトルがね、すごく良くてそれで決めたんだ」とのことだった。響流書房の『ただ今救われて下さい』のことである。

 

空間一杯に響く南無阿弥陀仏で始まった。

お話しは、正信偈より。

還来生死輪轉家

決以疑情為所止

速入寂静無以楽

必以信心為能入

前二句は迷う原因、後二句は浄土に入るにはどうすればよいか。

四句目の『信心』は無量寿経の第十八願=聞其名号

名号=南無阿弥陀仏は 本願召喚の勅命。

 

「信じる」ということは、過去から考えて向こうが決まっていないとこちらが決まらない。先手が自分だと思っている。

しかし本当の先手は阿弥陀様が先。先手は阿弥陀様なので、「請求」(お願いします!)ではなく、「許諾」(お願いしますと任せる)するのだ。

先に呼びかけられているからこそ、私たちの口から名号が出る。 

仏願の生起本末を聞いて疑心あることなし。

最期の方の「呼びかけられている」のところは、例えをひとつひとつ積み上げてご説明いただいた後、ああ、そうなのだと気が付けるようなお話の運びだった。

 

周りの方は、宮田先生を全くご存じなくて、どんな方だろうと思われていたようだったが、「ものすごく例えがわかりやすい!」と終わってから周りの方たちが話されていた。

今日も「仏願の生起本末」をしっかりお聞かせいただいた。

念佛寺は、参加者の皆さんの南無阿弥陀仏で満ち溢れたお寺だった。呼びかけられている様がそのまま目の前にあるようだった。

 

◆土井紀明住職が講師をタイトル指名された本がこちら。

luhana-enigma.hatenablog.com

 ◆宮田先生の法話レビュー①
luhana-enigma.hatenablog.com

 ◆宮田先生の法話レビュー② 

luhana-enigma.hatenablog.com