如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

『歎異抄』を読む 第八条(松原大致師)

2020年7月17日(金) 19:00-21:00

松原大致師 (本願寺派 光明寺住職)

 『歎異抄』を読むー第八条ー

浄土真宗の法話案内

http://shinshuhouwa.info/article/index.php?id=51638

www.youtube.com

 第八条は一言でいえば、本願力廻向ばかりに言及しているところ。

 

『はからい』について。語源からの解説がある。

人の為というのは「偽」になる。

すべてを「はからい」だと言ってしまえば、真宗の話なんてすべてそれで終わってしまう。そこから抜けられない自己を見つめていくことだなと感じた。

割とこの話、この法話を聞いた人の間で出てくる。お聴聞をしているとこういうことがある。

 

「はからい」だということを認識しても「はからい」という中で、ぐるぐるするのではなく、そこは螺旋のように同じ所でないところには行っている。深さが出ているというところはそうであってほしいと思う。自分ではわからないけれど。

 

◆『歎異抄』を読む 第二条

luhana-enigma.hatenablog.com

 ◆『歎異抄』を読む 第五条

luhana-enigma.hatenablog.com