如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

光慶寺仏教講座 正信念仏偈(9)「必至滅度願成就」(瓜生崇師)

2020年 08月 23日 (日) 19:30-21:00

 正信念仏偈(9)「必至滅度願成就」

  瓜生崇師 浄土真宗大谷派 玄照寺住職

youtu.be

 YouTubeの紹介って本当にどうしたらいいのか。内容は自分が書くより本当に実際見てもらった方がいい。

ここを自分は聞かせてもらったというところを。

・時間と空間の関係。現在の物理学では、時間の流れというより、時間と空間が合わさった「今」しかない。仏法は、今の救い。

・仏国土 ここは自分もかつて混同していた。仏国土に仏は一人。我々は釈迦の仏国土にいる。阿弥陀仏の仏国土が浄土。浄土は他仏国土をも包括するはたらき。

・浄土はどこかに行けばそういう世界があるのではなく宇宙全体を浄めるはたらき。こういう「世界」。(十二願)

・宇宙は浄土そのものなのに、自分は狭い自分の世界に閉じこもっているだけ。

前に友達と、「他の仏国土って、別の宇宙なのか、いわゆる他の銀河系かなあ」ということを話していたけれど、今日のお話を聞いていて、今のところはなんとなくこの宇宙が浄土で他の仏国土は他の銀河系って感じのような気がしている。光と空間のことも考えると。でもこれはあくまで今の人類が思っていることであって、また違うことがわかるかもしれない。現実に当てはめるのも無意味かもしれないが。

 

方便法身の阿弥陀仏も教化のためにはわかりやすさとして必要だと思うが、自分にはお話によってはあまりに現実のなにかに思える阿弥陀さまに聞こえてしまう。この法話のような阿弥陀のはたらき、真実に目覚めさせられるはたらきというのを聞くときに、人間が言語の限界に挑戦しているような、ギリギリのところを話しながら絶対わからないけれどもその存在がどこかにあるような瞬間がくるのを静かに予感しているような。そんな風に法話を聞く時間を過ごす。今の連続として。

 

◆正信偈講座 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

luhana-enigma.hatenablog.com