如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

溶け合う世界へ 南無阿弥陀仏のすくい2

以前レビューをした浄土真宗Live!の法話が書籍化。

『溶け合う世界へ 南無阿弥陀仏のすくい2』 瓜生崇 響流書房

 

 元になった法話のレビューはこちら。

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

中身は凝縮されてまとまっている感じ。法話の時よりちょっと変わった表現もある。

独りの覚りを棄てて法を説くことにしたお釈迦様。目覚めさせたのは梵天。仏仏相念に阿難は座より起つ。

大乗仏教の流れの中に自分がいることを感じられる一冊。自分は傍観者ではない。この流れの中にいて、凡夫のままで相念じ合う世界に溶けていくのだ。

仏教は答えを教える宗教ではないのです。私自身の問題ですから、最後は私自身に尋ねていかなければならないのです。

どう仏教と向かい合うかを考えさせられた。

ページ数が少なく、親鸞聖人がこれぞ真実のお経とおっしゃった無量寿経ベースのお話なので、真宗初めての人にも南無阿弥陀仏の話として興味を持ってもらえるオススメ。