如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

『親鸞ーその人間、信仰の魅力』/藤田正勝

『親鸞ーその人間、信仰の魅力』 藤田正勝 法藏館

 

親鸞

親鸞

Amazon

 周囲が大絶賛だったのだけど、やっと読めた。

 親鸞聖人が書かれた言葉を引用もあるが著書の方は哲学専門なのでそこからの言葉もあり、ひとりの人間が親鸞聖人の教えに向き合って感じた(だと言葉が弱いな)、自分の中から出てきたものだと思う。哲学的な無駄のない記述でありながら、親鸞聖人の思いが感じられる表現てすごいな。

 著者が親鸞聖人と向き合っているわけだけど、親鸞聖人が向き合ったものも見えるような感覚になるのがすごい。考える力、突き詰めていく力と書く力の偉大さ。

 信仰のダイナミズムという章では回向、往相と還相、三願転入という真宗ど真ん中のテーマについて書かれている。近代の方の解釈も含め自分はどうだと読むことが出来た。これが正解ですよではなくて、信仰の中で生まれてくる思惟の話なのだ。

 はっきり言ってどこも退屈なところがない!真宗の方は是非ご一読を。

 とりあえず、参考文献に出てきた大峯顯師の『花月のコスモロジー』を読むか。