如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

『善悪の彼岸』/ニーチェ

『善悪の彼岸』ニーチェ (著), 中山 元 (翻訳)  光文社古典新訳文庫

 

 実は『道徳の系譜学』を読んでいて、こっちが先だなと気がつき慌てて読んだ。

 割と難解なものも読む気力はある方だと思っていたが、このアフォリズムは相性が悪いというか、たしかにおお!!と言うこともあるのだけれど限りなく挫折しそうになった。根本にあるのは道徳というのは自らが高い方にあるものからの見方であり、本来は善悪を超えたところが自由だと言うような内容なのだとおもうのだがなかなか入ってこない。

 まあ、女性を例えに使ったあたりのことなどは、非常に偏ったものの見方だよなあと正直読む気が失せるレベルである。

 なのでなんかわからんけど、ニーチェ読んでみたい!と言う人にはあまりおすすめしない。辛かった。

 ニーチェのことを面白く紹介してくれる人の本は面白いのに、その原典がこうだととまどうな。。。わたしの読解力の問題なのだろうが。

”愛によってなされたことは、つねに善悪の彼岸にある”

”個人の狂気はかなり稀なものである。ーーーしかし集団、党派、民族、時代となると、来るっているのがつねなのだ。”

 ところどころくるんだけどね。

◆ニーチェ関係の本

luhana-enigma.hatenablog.com

luhana-enigma.hatenablog.com