如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

自分がどんな存在であるかを見つめる話(瓜生崇)

2020年 12月 20日 (日) 19:30-21:00

 正信念仏偈(13)「凡聖逆謗斉回入」

  瓜生崇師 浄土真宗大谷派 玄照寺住職

youtu.be

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日書いた松原師の法話にも関連する内容。

「凡聖逆謗」を順番に解説。先人たちが自身のことをどう見られていたか、お経をひも解きながらのお話を聞くにつれ、気がつくと自分に引き当てて考えさせられていることに気がつく。

唯除のところでこれから親鸞聖人が読まれていったところ…で次回!!!!

 

この回、見るのが多分、辛い人がいると思う。なぜかって、自分という存在、罪を深掘りしていくところだから。

二種深信。こういうことがないと、機の深信。こういうことを知らされる話は大事だと思う。自分を責めるんじゃない。けなすんじゃない。だめだって思うんじゃない。どういうものかというのを見る。ただ、見る。

 

ということで、一度は見た方がいいと思うのだ。

 

◆この間の松原師の歎異抄十四条 

luhana-enigma.hatenablog.com

 

 ◆瓜生師の正信偈講座

luhana-enigma.hatenablog.com

  

luhana-enigma.hatenablog.com