如是我我聞

仏教書、哲学書、お聴聞の記録をつけています。

Kindle

『構築された仏教思想 一遍 念仏聖の姿、信仰のかたち』長澤 昌幸

『構築された仏教思想 一遍 念仏聖の姿、信仰のかたち』長澤 昌幸 佼成出版社 構築された仏教思想 一遍 念仏聖の姿、信仰のかたち 作者:長澤 昌幸 佼成出版社 Amazon 時宗のことは全然しらなかったのだが、真宗の近さと遠さを感じることができる一冊だった。…

『出家とその弟子』倉田 百三 

『出家とその弟子』倉田 百三 ※Kindleで青空文庫あり 出家とその弟子 (岩波文庫 緑 67-1) 作者:倉田 百三 岩波書店 Amazon これは戯曲であり、親鸞上人をモチーフにした創作である。全然教えも違っていて「それどこのキリスト教?」と感じるところもあるくら…

『構築された仏教思想 覚鑁 内観の聖者・即身成仏の実現』白石 凌海

『構築された仏教思想 覚鑁 内観の聖者・即身成仏の実現』白石 凌海 佼成出版社 構築された仏教思想 覚鑁: 内観の聖者・即身成仏の実現 作者:白石凌海,白石凌海 佼成出版社 Amazon 不勉強なので、覚鑁師のことは法話でちょっと耳にしたことがあるだけで、ま…

『仏教語源散策』中村元

『仏教語源散策』中村元 角川ソフィア文庫 仏教語源散策 (角川ソフィア文庫) 作者:中村 元 KADOKAWA Amazon Kindle Unlimitedにあるので読んでみた。 仏教に関わる日本のことばを初期仏教を基本に解説してくれている。まったく仏教のことに興味がない方でも…

『構築された仏教思想 龍樹 あるように見えても「空」という』石飛道子

『構築された仏教思想 龍樹 あるように見えても「空」という』石飛道子 佼成出版社 構築された仏教思想 龍樹 あるように見えても「空」という 作者:石飛 道子 佼成出版社 Amazon タイトルに惹かれてKindle Unlimitedで読んだ。 聖典で『十住毘婆沙論』を読ん…

『往生絵巻』芥川龍之介

『往生絵巻』芥川龍之介 青空文庫 往生絵巻 作者:芥川 竜之介 Amazon 以前に『源大夫』を読んだ時にTwitterのフォロワーさんに教えていただいたもの。ダウンロードして読んでないのに気がついた! 漫画とは違った趣がある。まあ、漫画もこちらの戯曲も二次創…

宗教の独善性 『雨』サマセット・モーム

『雨』サマセット・モーム グーテンベルク21 雨 作者:サマセット・モーム グーテンベルク21 Amazon いろいろな哲学・宗教関係の著者の方が『雨』をすすめていたのでずっとリストに入っていた。 これは小説なのでネタバレにならないように書かなければい…

親鸞の信心世界の追体験 『親鸞』阿満利麿

『親鸞』阿満利麿 ちくま新書 親鸞 (ちくま新書) 作者:阿満 利麿 筑摩書房 Amazon 阿満氏の法然上人関連本がよかったのでこちらも読んでみる。なんとなくもやもやした感じがして最後まで読んだのだけど、あとがきまできてなるほどだった。 親鸞聖人の生涯や…

入門でこれか…! ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む  仲正昌樹

『ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む 』仲正昌樹 講談社現代新書 ハイデガー哲学入門 『存在と時間』を読む (講談社現代新書) 作者:仲正昌樹 講談社 Amazon これが入門なのか・・・。結構難しいと感じたので、ゆっくり読んだ。 ・ハイデガー用語 ・基本…

『善悪の彼岸』/ニーチェ

『善悪の彼岸』ニーチェ (著), 中山 元 (翻訳) 光文社古典新訳文庫 善悪の彼岸 (光文社古典新訳文庫) 作者:ニーチェ 光文社 Amazon 実は『道徳の系譜学』を読んでいて、こっちが先だなと気がつき慌てて読んだ。 割と難解なものも読む気力はある方だと思って…

『テーリー・ガーター 尼僧たちのいのちの讃歌 』 角川選書

『テーリー・ガーター 尼僧たちのいのちの讃歌 』 角川選書 植木雅俊師 テーリー・ガーター 尼僧たちのいのちの讃歌 (角川選書) 作者:植木 雅俊 KADOKAWA Amazon 植木雅俊氏の著書は『維摩経』『法華経』を読んできたが、『差別の超克』でこのかたがやっと差…

『差別感情の哲学』/中島義道

『差別感情の哲学』 中島義道 講談社学術文庫 差別感情の哲学 (講談社学術文庫) 作者:中島義道 講談社 Amazon 個人的に差別に関して最近考えることがあり読んでみた。「哲学」とあるのだけれど、読み進めるにつれて泥沼にはまるように引き込まれた。これは著…

『カルト宗教やめました。』 たもさん

カルト宗教やめました。 作者:たもさん 彩図社 Amazon こちらの続編。 luhana-enigma.hatenablog.com お子さんがの病気も完治し、脱退した宗教から距離を置いていくことと、今までの「普通」と社会の中の「普通」のギャップを感じ、どうしていくべきか…とい…

『はじめての構造主義』/橋爪大三郎

『はじめての構造主義』 橋爪大三郎 講談社現代新書 はじめての構造主義 (講談社現代新書) 作者:橋爪大三郎 講談社 Amazon もう原典以外の解説書は買わないぞと決心した直前に買ってた代物。 レヴィ=ストロースの構造主義について語られているのだけど、こ…

『ジャータカ 仏陀の前世の物語』/松本照敬

『ジャータカ 仏陀の前世の物語』松本照敬 角川ソフィア文庫 ジャータカ 仏陀の前世の物語 (角川ソフィア文庫) 作者:松本 照敬 KADOKAWA Amazon 一回読んでみようと思った。 ジャータカの成立、タイプ別(動物として、人として、神として)の物語の解説。 解…

『まんが 哲学入門 生きるって何だろう? 』/森岡正博 寺田にゃんこふ

『まんが 哲学入門 生きるって何だろう?』/森岡正博 寺田にゃんこふ 講談社現代新書 まんが 哲学入門――生きるって何だろう? (講談社現代新書) 作者:森岡 正博,寺田 にゃんこふ 講談社 Amazon これは面白い!時間論、存在論、「私」とは、生命論について、ま…

『現代思想入門』/千葉雅也

『現代思想入門』千葉雅也 講談社現代新書 現代思想入門 (講談社現代新書) 作者:千葉雅也 講談社 Amazon ベストセラーということで読んでみたが、これは面白かった。 社会人なりたての頃に東 浩紀の『存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて』を読んで挫…

『日本人と地獄』/石田瑞麿

『日本人と地獄』石田瑞麿 講談社学術文庫 日本人と地獄 (講談社学術文庫) 作者:石田瑞麿 講談社 Amazon これはぶっちゃけ読みにくい。地獄に関する文献を集めた感じ。多分そういう地獄辞典みたいなのが今までなかったんじゃないかな。地獄に関するものを全…

『選択本願念仏集 法然の教え 』/阿満利麿

『選択本願念仏集 法然の教え 』 阿満利麿 角川ソフィア文庫 選択本願念仏集 法然の教え (角川ソフィア文庫) KADOKAWA Amazon これはよかった。 『選択本願念仏集』の現代語訳があり、訳者ノートがある。最初から最後までいって、今度は書き下し原文があり、…

『仏教仏典散策』/中村元

『仏教仏典散策』中村元 角川ソフィア文庫 仏教経典散策 (角川ソフィア文庫) 作者:中村 元 KADOKAWA Amazon 中村元氏の編著。各経典について田上太秀氏、津田真一氏、松本照敬氏、上村勝彦氏が書かれている。 上村克彦氏のジャータカのところは、会社で読ん…

『阿弥陀経を読む: 生きる道をたずねて』/三浦真証 YouTube講座がおすすめ

『阿弥陀経を読む: 生きる道をたずねて』三浦真証 響流書房 阿弥陀経を読む: 生きる道をたずねて (響流選書) 作者:三浦 真証 響流書房 Amazon 自分はYouTubeで三浦師のこの本の元となったYouTube講座をずっと見ていた。 通読して、ああ、講義のドキュメント…

『善悪は実在するか アフォーダンスの倫理学』 客観的な善悪とは

『善悪は実在するか アフォーダンスの倫理学 (講談社選書メチエ)』河野哲也 善悪は実在するか アフォーダンスの倫理学 (講談社選書メチエ) 作者:河野哲也 講談社 Amazon 正直「善悪」という単語で買ってしまった。まったく前知識なし。 まずはアフォーダンスと…

『我信念』 清沢満之の絶筆

『我信念』 清沢満之 Kindle青空文庫 我信念 作者:清沢 満之 Amazon 清沢師の本は初めて読む。お東の近代教学の祖であるけれども読んだことがなかった。たまたまKindleのリコメンドに上がってきたので読んでみた。 すごく短いものであっという間に読み終わっ…

『善の根拠』 仏教の本質に迫る

『善の根拠』 南直哉 講談社現代新書 善の根拠 (講談社現代新書) 作者:南直哉 講談社 Amazon 2冊ほど読んだ南師の本が面白かったので読んでみた。 善悪というのが一体どういう構造で起こるのかというのを実験的に解説されているけれど、すごい。 冒頭の序とⅠ…

『ソフィーの世界』 読み返してみたら時代を感じる

『新装版 ソフィーの世界 ―哲学者からの不思議な手紙』(上)(下) ヨースタイン・ゴルデル、池田香代子 NHK出版 新装版 ソフィーの世界 上 ―哲学者からの不思議な手紙 作者:ヨースタイン・ ゴルデル NHK出版 Amazon 新装版 ソフィーの世界 下 ―哲学者から…

『教誨師』 死を目前にした人に語ること

『教誨師』堀川惠子 講談社文庫 教誨師 (講談社文庫) 作者:堀川 惠子 講談社 Amazon

『カルト宗教信じてました』 生々しい実体験

『カルト宗教信じてました。』 たもさん カルト宗教信じてました。 作者:たもさん 彩図社 Amazon

『近代教学と現代宗学の接点ー真宗大谷派の教学を考える』 土井紀明

響流書房の新刊。 近代教学と伝統宗学の接点: 真宗大谷派の教学を考える (響流選書) 作者:土井 紀明 響流書房 Amazon

『青年と死』 芥川龍之介の死生観か

『青年と死』 芥川龍之介 青年と死 作者:芥川 竜之介 Amazon 龍樹に関係する物語が芥川龍之介によって書かれている友人に教えてもらったので青空文庫で読んだ。 なんとなく自分の知っている龍樹伝のイメージと違っていたのだが、調べてみると、『今昔物語集…

教養として学んでおきたい哲学

『教養として学んでおきたい哲学』岡本裕一朗 マイナビ出版 Kindle Unlimitedで読む。 教養として学んでおきたい哲学 (マイナビ新書) 作者:岡本 裕一朗 発売日: 2019/06/25 メディア: Kindle版