如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

宗教

『マニ教』/青木健 第四の世界宗教にならなかった宗教

『マニ教』 青木健 講談社選書メチエ マニ教 (講談社選書メチエ) 作者:青木健 講談社 Amazon マニ教って、高校の世界史の教科書でその名を見たのが最後のような気がする。とりあえず買っていた積dleの一つ。 衝撃だった。マニ教は第四の世界宗教にならなかっ…

『イエスの生涯』/遠藤周作 独自の聖書の読み解き

『イエスの生涯』遠藤周作 新潮文庫 イエスの生涯(新潮文庫) 作者:遠藤周作 新潮社 Amazon 最初に新旧訳聖書を読んだのは小学校3年生の時だった。 そのときに初めて神さまと宗教というものがはっきりわかった。仏壇になんまんだぶといっているのも宗教なん…

『深い河』/遠藤周作 それぞれの宗教との向き合い

『深い河』遠藤周作 講談社文庫 深い河 新装版 (講談社文庫) 作者:遠藤周作 講談社 Amazon 人はどうして現実を超えたものを求めるのだろうか。理解を超えたものを知りたいと思うのだろうか。あるのかないのかもわからないものを確かめたくなるのだろうか。ど…

『死について考える』/遠藤周作 滲み出てくる人生観

『死について考える』 遠藤周作 光文社文庫 死について考える (光文社文庫) 作者:遠藤 周作 光文社 Amazon 続けて遠藤周作。 「死」というテーマについての短いエッセイがたくさん。「死」は誰も知らない経験。希に臨死体験者はいるが。でもすべての人に平等…

『沈黙』/遠藤周作 正邪がわからなくなる自分

『沈黙』遠藤周作 新潮文庫 沈黙 (新潮文庫) 作者:遠藤 周作 新潮社 Amazon ようやく手にとった。 日本がキリシタンを弾圧する中、現地に赴いている布教使が「ころんだ」(踏み絵を踏んで棄教の意を示した)と聞いたロドリゴは、自分はそうはならぬと思いな…

『完全教祖マニュアル』/架神恭介, 辰巳一世 宗教サイドの人は一回これ読んでみたらいいかも

『完全教祖マニュアル (ちくま新書) Kindle版』架神恭介, 辰巳一世 完全教祖マニュアル (ちくま新書) 作者:架神恭介,辰巳一世 筑摩書房 Amazon いつだったか日替わりセールかなんかで買った積本。 素直に面白い。宗教を「教祖」が成功するためにどうすべきか…

『海うそ』/梨木香歩 小説にこれやられたらもう・・・

『海うそ』 梨木香歩 岩波現代文庫 海うそ (岩波現代文庫) 作者:梨木 香歩 岩波書店 Amazon 友だちのおすすめで読み出した。自分はほぼ現代小説は読まない。SF以外。 自然、情景表現がずば抜けて素晴らしい。と思いながら風呂でKindle読んでいたのだが、さあ…

『カルト宗教信じてました』 生々しい実体験

『カルト宗教信じてました。』 たもさん カルト宗教信じてました。 作者:たもさん 彩図社 Amazon

キリスト教と真宗の近さと遠さ

【復刻版】矢内原忠雄の「キリスト教入門」 響林社文庫 amzn.to

『倶会一処』に思うこと

雑感。 たまに目にする『倶会一処』。自分はそれが、「懐かしい人に会える」ということを大々的にアピールしているのを見るともやもやする。例えば、それを僧侶が口にしたときに、仏教を知らない人からしてみると「みんな死んだら極楽浄土に行って会いたい人…

『我と汝・対話』・・・今まで読んでいなかったことを後悔した

友達が絶賛していて、さらに別の友達が「ブーバー知ってる?」って聞いてきたので、これは読んでみなくてはと思った。 我と汝・対話 (岩波文庫 青 655-1) 作者:マルティン・ブーバー 発売日: 1979/01/16 メディア: 文庫

僧侶が語る死の正体

Kindle Unlimitedで読める。いろんな宗派の僧侶が死について語る。興味深い。 僧侶が語る死の正体: 死と向き合い、不死の門を開く、五つの法話 作者:ネルケ無方,プラユキ・ナラテボー,釈徹宗,南直哉,アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発…

子供と宗教・信仰について話したこと

あまりプライベートの話はしたくはないが、自分には、まあいろいろ分別のつき始める義務教育年齢の子供がいる。たまに自分がお寺や美術館などに行くときに誘うとついてきてくれる時がある。今回夏休みだし、法話に誘ったら、 「この前みたいなひどい話じゃな…