如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

宗教

キリスト教と真宗の近さと遠さ

【復刻版】矢内原忠雄の「キリスト教入門」 響林社文庫 amzn.to

『倶会一処』に思うこと

雑感。 たまに目にする『倶会一処』。自分はそれが、「懐かしい人に会える」ということを大々的にアピールしているのを見るともやもやする。例えば、それを僧侶が口にしたときに、仏教を知らない人からしてみると「みんな死んだら極楽浄土に行って会いたい人…

『我と汝・対話』・・・今まで読んでいなかったことを後悔した

友達が絶賛していて、さらに別の友達が「ブーバー知ってる?」って聞いてきたので、これは読んでみなくてはと思った。 我と汝・対話 (岩波文庫 青 655-1) 作者:マルティン・ブーバー 発売日: 1979/01/16 メディア: 文庫

僧侶が語る死の正体

Kindle Unlimitedで読める。いろんな宗派の僧侶が死について語る。興味深い。 僧侶が語る死の正体: 死と向き合い、不死の門を開く、五つの法話 作者:ネルケ無方,プラユキ・ナラテボー,釈徹宗,南直哉,アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発…

子供と宗教・信仰について話したこと

あまりプライベートの話はしたくはないが、自分には、まあいろいろ分別のつき始める義務教育年齢の子供がいる。たまに自分がお寺や美術館などに行くときに誘うとついてきてくれる時がある。今回夏休みだし、法話に誘ったら、 「この前みたいなひどい話じゃな…