如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

「腐れの発芽」浄土真宗LIVE!(小柴隆幸師) 

浄土真宗LIVE!

小柴隆幸師「腐れの発芽」20200831

 

youtu.be

 悩んだ。これをブログで感想を書くか悩んだ。でもなんというか、心に残ったので書き留めておく。

まず、ちょっと今まで聞いたことのない感じの法話。というか、リズムとお話に出てくる感性が独特。ああ、それあるあるというより、「えっ。そこに注目!?」みたいな意外性の連続。でもそこには小柴師自身の追求していく思いがあるので最終的にはその思いを追っていっている、引っ張られている自分に気がつく。

途中、ここは通常じっくり話すだろうという所を、ざっと説明して終了(でも小柴師の話の中ではたしかにそれでよし)、気付きの視点も大多数の人と共有するものなのかどうか。

でも、聞いてしまう。引っ張られる。

これが本願寺派の法話と言うことに驚きを感じる。

 

若干司会殺し的な独特のリズムで面白い。なんというか。ああ、自分も法話はこういう感じで進んでいくもんだと勝手に思っているほどは聞いているのだなと反省した。

 

若い人たちが、新しい仏教のあり方みたいな感じでいろいろ工夫されているが、そういう方法論的アプローチではなく、小柴師みたいにガチ法話を新しい感性で話される人がいて、「なんだ、なんだ?法話ってなんだ?」と新しい人たちが法話を聞くようになるというのもあるのではないかと感じた。

 

不思議。正直不思議。気になる方は是非動画で見て欲しい。

ていうか、小柴師がコジコジではないだろうか(詳細は動画で)。

 

◆以前に書いた「浄土真宗LIVE!」の感想

 

luhana-enigma.hatenablog.com