如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

浄土真宗の本を読んでみよう!と思った日

 親鸞  三木 清著

 

親鸞

親鸞

 

 


 
 

  あるとき、浄土真宗の僧侶の方とお話しする機会があった。

 

それがきっかけで、浄土真宗とはどういうものなのか、きちんと知りたいなと思った。

非常に悋気な話だが、Kindleユーザーとしては、無料本から入ろうと読んでみた。

事前にいくつか法話ベースの本を読んでいたのだが、そういった類の本は、どうしても親鸞の哲学、思想が中心となる。こちらの本は、それにプラスして、末法思想や時代背景も織り交ぜて話が展開するので、そういう状況でこの考えが生まれたのか…という気付きがあった。

 

愚禿親鸞    西田 幾多郎著

 

愚禿親鸞

愚禿親鸞

 

 


 

 

こちらの本は、非常に短い文章。。

浄土真宗の本や、親鸞の書籍に親しまれた方は、その凝縮された文章の美しさ、切れ味を味わうことができる。鋭く要点をとらえているところに感嘆するはず。さっと読むのではなく、かみしめることができる文章だ。たまに振り返って読もうと思う。

たまたまの僧侶の方との出会いで、ずっと仏教関連書を読み続ける毎日が始まった。