如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

「釈迦の仏教」のお話

 

本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか (NHK出版新書)

本当の仏教を学ぶ一日講座 ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか (NHK出版新書)

  • 作者:佐々木 閑
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/02/07
  • メディア: 新書
 

 佐々木先生の本は初期仏教を学ぶのにいいなと感じたので続けて。

 先日、佐々木先生を絶賛する人とお話をする機会があった。以前からうっすら感じていた「佐々木先生は大乗仏教に愛がないのではないか」という疑念をぶつけてみた。佐々木先生は真宗の僧侶であるし愛情がないわけではない。著書にもそのあたりのことが出てくる本もある!といわれていたのだが、これがまさにその本だった。

 佐々木先生は、大乗仏教と分けて小乗仏教ではなく「釈迦の仏教」という言葉で説明される。この本は一日で学ぶという仮定の一日講座を想定していて6時限単位になっている。

 ただ「こういわれています」という事実に基づいた内容だけでなく、当時の人々や世界観をイメージしていきいきしたお話で語られる。そして最後には釈尊の教えを伝え知る人が今ここにもいることを喜んでいる。

 

 基本的な初期仏教と大乗仏教の違い、どのようにして大乗仏教が発生したのか、釈尊が求めたものなど、時系列で書いてあってとてもいいと思う。前に読んだ『100分de名著 大乗仏教』『100分de名著 ブッダ最期のことば』のさらに全体を描いたもの。

 地味に佐々木先生の著書は追っていこうと思う。

◆佐々木先生の本のレビュー①

 

luhana-enigma.hatenablog.com

 ◆佐々木先生の本のレビュー②

 

luhana-enigma.hatenablog.com