如是我我聞

仏教書、お聴聞の記録をつけています。

『仏教仏典散策』/中村元

『仏教仏典散策』中村元 角川ソフィア文庫

 中村元氏の編著。各経典について田上太秀氏、津田真一氏、松本照敬氏、上村勝彦氏が書かれている。

 上村克彦氏のジャータカのところは、会社で読んでてちょっと後ろを振り返る位、そんな話なんか!!!!という。鹿、とても重要。一角仙人伝説、一回読んでみよう。おうちで。

女色に迷う出家者を諫めることを目的とする説話において、何もここまできわどい描写をしなくてもよさそうなものだが、作者の個人的な好みがつい筆をすべらしてしまったものであろう。しかも、この箇所が当局の検閲を受けて削除されずに現在まで伝わったことは、後世の仏教ともかかる描写を殊の外に好んだという証拠である。その点、遺憾ながら、本稿の筆者の場合も例外でない。 

 

 津田真一氏の真言宗的会社に関しては、真宗的にわかるところもあるけど、そこまで密教のこと言っちゃっていいの?というドキドキもあり(わらからないからかもしれないが)面白かった。大乗と密教。

 

 ここに出てきた経典については、いままでも見たことがあるものもあるし、積本もあるし、これから読まなくちゃというのもあった。知らない経典に関してはすごく興味を持てる内容があったし、知っているものに関しては新たな視点を得ることができた。こういうのを一度読んで、思い切って経典に直接触れてみるというのもいいと思う。

 

◆中村元氏の本

luhana-enigma.hatenablog.com

luhana-enigma.hatenablog.com

luhana-enigma.hatenablog.com

luhana-enigma.hatenablog.com